ひきこもりから飛び出す学生ブログ

 初めまして。じゅんと申します。大学編入生のブログですが、最近は極々プライベートなブログになってます。気軽にコメントください。

元ひきこもりの僕が今感じていること

 こんばんは。ただ今は深夜1時に差し掛かろうとしています。僕はリビングにいて薄明かりの中テレビをつけています。モニターではフィジカルエリートたちが金メダルを争っています。世界陸上、見ていますか?

 

 ブログの更新としては久々なのですが、なにやら思い立ってこうしてパソコンを立ち上げタイピングしております。前回の更新から今までの間にも書こうとか思ったんですが、その度に「あとで書こう」と怠け者の自分が出てきてしまい書かずじまいでした。その結果6,7月と書いていません・・・・。

 

 今回書きたいこととは、僕のことについてです。僕は「人って似た悩みを持っているよね」と常々思っているので、僕のことについて書いてるんだけど誰かのことについて書いてることもあるのではとも思います。そう考えれば、僕が僕のことについて書くのも悪くはないなとちょっと思ってみたりもします。

 

 僕は今大学3回生です。一昨日大学の試験が全て終わり、夏休みに入りました!これから休暇を楽しむつもりです。・・・ていうか、お前まともに学校も行けなかったよな?!高1の時めっちゃ引きこもってたよな!?なんて思い返して、そういえばそうだった。その時に比べれば僕は大分変ったなあと思って、昔を思えばなんだか懐かしい感じがあります。

 

 昔の自分と今の自分の比較

昔の自分のプロフィール

根暗で自分から全く人に話しかけられず、宿題もやらず、時間を守らなかった。中3の時、修学旅行の集合時間に一人だけ遅れて担任に怒られた。友達になってくれた人を3カ月で自分から絶縁した。友達0。帰宅したらパソコンでゲーム三昧。当時はチャットで「プギャー」とか「ざまあww」とか「乙!」とか打ってたと思う。まじで友達はネット友達しかいなかった。成績は学年で3ケタとったかもしれない。

 

今の自分のプロフィール

陽キャラではなくとも気になった人には積極的に話しかけるし、アルバイトの時は特にコミュニケーションを大事にする。中学生とか小学生の扱いが上手い。後輩の大学生に指示ができる。時間は守る。特に早起きは大事にしている。友達は大事にする。ネイティブと気さくに会話できる。責任感が強くなった。

 

ひきこもりから抜け出せない人がいるという状況がある中では、自分なりになかなか上手く生きてきたのではないかと思いました。僕は確かに変わることができた。だけど、変えてくれたものが確かにあったのだと強調したい。

 

その中で間違いなく僕の支えになってくれたのが、「本」です。(今の支えは友達です)

 

僕は中高生の時、学校の授業よりも「いい本に書いてあること」の方が大事だと思っていました。それを言い訳に宿題なんかやらずにとにかく本は読んでいました。

面白いと思ったものは何回も読みました。これまで20回以上繰り返し読んでいるものもあります。

 

 

車輪の下、郷愁、罪と罰海辺のカフカ、異邦人、虞美人草、こころ、三四郎、ねじまき鳥クロニクルアンネの日記、15少年漂流記、高瀬舟レキシントンの幽霊カンガルー日和、1973年のピンボール風の歌を聴け羊をめぐる冒険ノルウェイの森、世界の終わりとハードボイルドワンダーランド、ライ麦畑でつかまえてスプートニクの恋人アフターダーク銀河鉄道の夜、テレビピープル、神の子はみな踊る、Little DJ小さな恋の物語、覚悟のすすめ金本知憲)、本気になればすべてが変わる(松岡修造)

ハリーポッター全集

 

↑中2から高1のときに読んだ本。人によっては僕の数倍読んでいると思いますが・・・。今僕はあまり読んでないので自分の中では読んでた方なんじゃないかと思います。特に海辺のカフカは中高時代5回繰り返して読んでいました。他の本も面白いと思えば繰り返し読んでいました。

 

後で続きを書きます。