ひきこもりから飛び出す学生ブログ

 初めまして。じゅんと申します。大学編入生のブログですが、最近は極々プライベートなブログになってます。気軽にコメントください。

神大経済編入対策参考書 数学編

この記事では、神大経済編入に必要な

数学の参考書を紹介していきます。

 

 

神大経済編入試験では、

経済学、数学、小論文のうち3科目から

2科目選択するようになっています。

 

もし、神大経済を第一、第二志望くらいに据えているなら

経済学と数学を選択することをオススメします。

 

何故小論文ではなく数学を選択するのか。

それは、小論文は点数が安定しない上、

取れても7割の世界と言われている一方

数学は満点が狙える科目だからです。

 

神大対策に使える参考書は↓です。

 

石村さんの参考書です。聞くところによれば、

工学部の学生が結構使っているそうです。

基本問題を解くことが大事になりますので、

きっちりこれらの問題を消化しましょう。

もちろんこの参考書に載っている証明は一通り

導けるようにしてください。

 

私はこの本を勧められて使っていました。

この本は微積を理詰めではなく「イメージ」で攻める

本です。

例えば、「y=f(x)を微分する」という言葉は言い換えれば、

「y=f(x)の導関数を求める」ことなのですが、

これらを数直線などの図を使ってイメージを植え付ける

ことができる本です。

めちゃくちゃ面白い本でした。

微積が苦手な人は買ってみるといいと思います。

 

 

理系編入をする人には言わずと知れた名作でしょう。

数学の勉強が面白かった私は、思わず買ってやっていました。

神大経済の数学は最近難化傾向にあるので、やってみると

いいかもしれません。

ただ、「微分方程式」など神大経済では出題されたことのない

問題はやらなくて大丈夫です。

 

まずは石村シリーズをきっちりとやりこむのが

本当に重要ですので注意してください。

 

後は過去問を全部解ける状態にし、

問題研究を徹底的に行い、どのような問題が来ようと

大丈夫だというような対策をしましょう。

 

しかし、試験場で「解けないな」と思った問題は

無理に解く必要は全くありません。

最低5、6割で十分ですので、もし難しいと感じたなら

経済学に時間を回すようにしましょう。